sangaku icon研究倫理sangaku icon本学における研究活動の不正行為への対応

本学の学術研究の信頼性と公正性を高めるため、「金沢大学憲章」及び日本学術会議声明「科学者の行動規範」の趣旨を踏まえ、研究者が研究活動において遵守すべき行動規範を制定しました。

資料 データ
金沢大学研究者行動規範 pdf
Code of Conduct for Researchers at Kanazawa University(「金沢大学研究者行動規範」の英訳) pdf

研究活動の不正行為が起こらない(疑われない)環境形成のための遵守事項及び研究活動の不正行為の通報等があった場合における調査等本学としての対応を示しました。

資料 データ
金沢大学研究活動不正行為等防止規程 pdf
金沢大学研究活動不正防止等の体制/金沢大学特定不正行為の告発への対応 pdf

研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)

pdf
資料 データ
研究費の不正使用等に対する取組 gaibu
研究における不正行為・研究費の不正使用に関するタスクフォース 中間とりまとめ(概要) pdf
中間とりまとめ pdf

倫理研修

研究活動の不正行為とは

 

  1. 架空のデータ、研究成果等を作成すること(捏造)
  2. 研究資料・機器・過程を不正に変更する操作を行い、データ、研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること(改ざん)
  3. 他の研究者のアイディア、分析・解析方法、データ、研究結果、論文又は用語を当該研究者の了解、若しくは適切な表示なく流用すること(盗用)
  4. 上記に掲げる行為の証拠隠蔽又は立証妨害

gaibu(参考)研究活動の不正行為への対応のガイドラインについて(文部科学省HP)

研究不正行為に関する通報窓口

国立大学法人金沢大学では、研究不正行為に関する通報を受け付けるための窓口を設置しています。

gaibu総合相談室ホームページ

■通報窓口

①専用Email koueki@adm.kanazawa-u.ac.jp
②封書宛先(「親展」と記載してください)
 〒920-1192 金沢市角間町 国立大学法人金沢大学総合相談室
 〒920-0912 金沢市大手町六番四号 山腰法律事務所 東巖弁護士

ページの上へ戻る